記事一覧

TextBoxの文章を Ctrt + A で全選択できるようにする

TextBoxにフォーカスが当たっているとき、デフォルトではCtrl + Aを押しても全選択の操作はできません。

基本的にこのページの通りにコードを書けばこの操作は実装できます。

テキストボックスで CTRL+A を有効にする - BiBoLoG
http://d.hatena.ne.jp/Guernsey/20081016/1224135096

が、このままではこの操作を実行したときにエラー音が鳴ります。
そのためこの処理の記述のついでにイベントをキャンセルする処理も必要になります。

というわけで、Ctrl + Aでテキストを全選択する処理はこちらになります。

Private Sub TextBox1_KeyDown(ByVal sender As Object, ByVal e As System.Windows.Forms.KeyEventArgs) Handles TextBox1.KeyDown
    If e.KeyCode = Keys.A And e.Control = True Then
        TextBox1.SelectAll()
        e.SuppressKeyPress = True
    End If
End Sub


もっとシンプルな方法があってもいいような気がしますが・・・

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

JDB Luigi

Author:JDB Luigi
どこにでもいるようなありふれた人間・・・という訳でもなく、かと言って怪しい宗教を信仰する変人という訳でも無い。

基本的に掲載しているコード等は煮ていただいても焼いていただいても結構ですが、利用は自己責任にてお願いいします。
また、バグ・アドバイス等もしあればよろしくお願いします。